読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人柱系CGモデラーのTipsブログ

3DCGモデラーとして活動する管理人の独自解釈に基づく実践重視の解説や備忘録です。

■管理人は硝子のメンタルです。齟齬や誤字にお気づきの際は優しくご指導ご鞭撻のほどお願いいたします。

ZBrushでIBL(イメージ・ベースド・ライティング)

 

ZBrushでIBL

 

ZBrushモデリングするとき、シェーダーが見難いと感じることはありませんか?

今回紹介するのはこちら、LightCapによるIBL表示の方法です。

 

f:id:maskmen2:20161024133330j:plain

 

 

ZBrushのマテリアルは固定シェーディングなため、選択するシェーダーによって、作成した形状も全然異なって見えてしまいます。KeyshotやSubstance、3D-Coatとは異なるため、見せかけのZBrushのデフォルトシェーダーに不満を持っている人は多いかもしれません。
 
そこで、今回の記事は今主流の背景パノラマ画像(HDRI)を用いたLightCap(ライトキャプチャー)機能を用い、美しいビューと、背景パノラマでモチベーションを上げようという趣旨でございます。
 
ZBrushでIBLの方法
 
①ライトタブの、ライトをすべて消します。背景イメージをライトに使うためです。
 
②BackgroundタブのImageにHDRIを指定し、Onにします。すると背景にパノラマが適応されます。
 

f:id:maskmen2:20161024132601j:plain

 

③同タブの Reflect(反射)にチェックを入れLightCapsをクリックします。すると、選択中のマテリアルに背景パノラマがベイクされます。

 

④マテリアルにはLightCapsが適応できないMatCapsマテリアルもあるので、色々試してみて下さい。

 

⑤パノラマ画像のサンプルは、LightboxのTexturesの中に入っています。自分でパノラマ写真を撮影、編集する方法はまた今度記事にまとめようと思っています。 

 

f:id:maskmen2:20161024133656j:plain

 

⑥以下、何パターンかパノラマ画像を入れ替えた様子です。

 如何でしたでしょうか。皆様のよりよいZライフにご活用下さい。

 

f:id:maskmen2:20161024134421j:plain

 

f:id:maskmen2:20161024134429j:plain

 

 

f:id:maskmen2:20161024134414j:plain